一人で生活をする方法

医者

準備とその種類を知っておく

会社に行きたくないと感じる人は少なくないはずですが、会社に行く直前に毎回のように頭痛がしたり腹痛がするようだとうつ病の可能性があります。また、暗く落ち込み生きる気力をなくしている状態が長期的に続いている場合もうつ病の可能性があるため、早い段階で病院に行くことが重要になるでしょう。それと同時に、会社に行くことができない状態が長く続くと、生活をするのに困ってしまいます。このようなときには、障害年金うつ病に関する知識を持っておいた方がよいです。障害年金うつ病は、だれでも簡単にもらえる訳ではありませんが、少なくとも働いている人は条件さえクリアすればもらうことができるのが特徴になります。そこで、準備として知っておきたいこととしては、まず厚生年金や国民年金に加入している期間中にうつ病が発症していることが重要になります。次に、病院から診断書をもらってこなければいけません。実はこの書類は非常に重要になっており、書いてある中身によって審査に通るかどうかが決まるといってよいでしょう。この時知っておきたいことは、障害年金の審査に何度か通したことがある医者を選ぶことが重要です。なかなか表向きには入ってこない情報ですが、口コミなどから参考にしてみるのも良いでしょう。

障害年金うつ病の種類は、3種類の等級があるのみです。障害年金うつ病の等級は第1級から第3級まで存在しており、第1級は要介護状態の人に当てはまります。1年間でおよそ97万円ほどのお金が振り込まれますので、なんとか生活をしていくには困りません。ただ、一番重度な一級ですが毎月 \80000程度の支給になるため、その分だけ生活が苦しくなるといってよいです。2級に関しては、要介護状態までは必要ないものの、一人で生活していくのが困難に近い状態を意味しています。少なくとも、元気に外を歩いているような人はまずもらうことができません。この場合でもやはり、家族の協力が必要になってくるところです。一人暮らしの場合は、精神的に不安なことが多く大変なことも多いため、親せきや家族の協力をできるだけ仰いだ方がよいです。3級の場合には、2級よりも若干軽い状態ですが、この場合には厚生年金に加入している人ではないともらえないという条件があります。金額自体は、1級よりも少ないですが会社に行ける場合もありますので、妥当な金額と言えるでしょう。障害年金自体は、会社に行ける場合でももらうことができます。もちろん、普通に会社に行っている場合はもらうことができませんが、たまに会社に行く程度ならば審査に通すことは難しくないでしょう。